当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

スポンサーリンク

カーペットに付いた犬の抜け毛対策

カーペットに付いた犬の抜け毛対策は以下の通りです。


掃除器具 掃除能力 ランニングコスト
掃除機 基本的に、抜け毛は取りにくい。
ヘッドのブラシが高性能であれば、取れ具合も向上する。
ホコリやゴミは取れやすい。
電気代
紙パック代
(紙パック式掃除機)
コロコロ 粘着テープが抜け毛を貼り付けて除去する。
抜け毛やホコリやゴミは取れやすい。
小さいハンディタイプだと広範囲の掃除はしんどい。
(カーペット用が使いやすい)
コロコロのスペアシート
エチケットブラシ 性能によって抜け毛の取れやすさや、エチケットブラシに張り付いた毛やホコリの取りやすさは様々。 なし
ゴム製のもの 毛が貼り付きやすいゴム製のブラシやゴム手袋など。
毛を掻き取った後は掃除機などで綺麗にする必要がある。
使用したカーペットや布地などを痛めてしまう可能性がある。
なし

カーペット掃除であれば、コロコロが最強かもしれません。
ただ、ランニングコストを考えると、コロコロは若干不利だと思われます。
(ゴミ有料化の地域の方にとっては、さらに不利かもしれません)

掃除機はヘッドの部分の性能にもよるのですが、基本的にはカーペットの抜け毛をキレイに取り去れるわけではありませんので、抜け毛をしっかりと掃除したい方には今ひとつかもしれません。

エチケットブラシは、性能や機能が様々です。
毛やホコリの取りやすさ、ブラシ部に張り付いた毛やホコリを除去の楽さなど、商品によって様々ですので、色々と考慮した上で購入すると良いと思います。

この他、ゴム製のもの(ブラシやゴム手袋)などで毛を掻き取るタイプのものもありますが、使用することでカーペットなどを痛めてしまうものもありますので注意が必要です。


スポンサーリンク