当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

スポンサーリンク

【経済的】 車のシートの抜け毛とりグッズ 【よく取れる】

車のシート犬の抜け毛には困り物です。
犬が座る・座らないに関わらず、車のシート全体に毛が散らばって引っ付いてとりにくいのが犬の抜け毛の困る原因です。

また、この抜け毛を放置したまま、黒いフォーマルウェアを着たままシートに座ると大惨事。
(犬の毛が白い場合)
フォーマルウェアには犬の抜け毛がパラパラと・・・。
そこで、車のシートの抜け毛とりグッズについて書いてみようと思います。


掃除器具 掃除能力 ランニングコスト
掃除機 普通の掃除機は車内への持ち運びがしんどく(マンションの地下駐車場などでは使用できない)、使用する際も本体部分の大きさのために使いづらい。 電気代
紙パック代
(紙パック式掃除機)
ハンディ型掃除機 車内への持ち運びが楽。
(マンションの地下駐車場などでもしようできる)
ハンディ型掃除機バッテリーが切れやすいので、短時間の使用をこまめに繰り返す必要がある。
電気代
コロコロ 粘着テープが抜け毛を貼り付けて除去する。抜け毛やホコリやゴミは取れやすいが、布製のシートに入り込んだ抜け毛は取れにくい。
カーペット用のコロコロは、シートの立体に沿いにくく、場所によっては使いづらい。
コロコロのスペアシート
エチケットブラシ 砂や塵などは取れない。
性能によって抜け毛の取れやすさや、エチケットブラシに張り付いた毛やホコリの取りやすさは様々。
なし
ゴム製のもの 砂や塵などは取れない。
毛が貼り付きやすいゴム製のブラシやゴム手袋など。
毛を掻き取った後は掃除機などで綺麗にする必要がある。
使用したカーペットや布地などを痛めてしまう可能性がある。
なし

スポンサーリンク