当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

スポンサーリンク

サイクロン型掃除機を買った!


先日、 サイクロン型の掃除機 を買いました。
左の写真は、そのサイクロン型の掃除機の写真です。
National製(松下製)の国産掃除機なので、見た感じは通常の国産紙パック掃除機と大差ない感じです。



左の写真は、サイクロン型の掃除機の中身を取り外した写真です。
これでもまだ、紙パック式の掃除機と近い感じ。
でも、その中身を見ると・・・


左の写真は、サイクロン型の掃除機から取り出した「ゴミ収納部」の写真です。
この写真では分かりにくいんですが、このゴミ収納部、実は2層構造になっております。
(その詳しい説明は後ほど・・・)

ゴミがたくさん溜まってますねぇ〜(・∀・)
これは、掃除した直後ですから、たくさん溜まっているわけです。

でも、実はこれ、2部屋分のゴミです。(´∀`)
毎日、掃除機をかけているんですが、毎日このくらい(これ以上)のゴミが溜まってしまいます。
ゴミダラケダワァ ・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜



左の写真は、このゴミ収納部を開けて、中の大き目のゴミを取り去っているところです。
上の写真にも見えているんですが、このゴミ収納部には刷毛がセットされていましてね、これで大き目のゴミを掃きとるというわけです。
ちなみに、モコモコしている白い毛の塊は、うちの犬の毛でやんす。



左の写真は、2層目のゴミの収納部の写真です。
ここには、細かい埃がたくさん溜まっています。
この埃は、先ほどの刷毛の柄の部分を使って、毎回こそぎ落しています。

でも、これがめんどくさいのなんのって。('∀`)
めんどくさがり屋の人だと、一発でイヤになる作業かもですよ。

さらに鼻炎、これが曲者です。
この埃をガシガシこそぎ落している間に、埃を大量に吸ってしまい、後々大変なことにもなりかねません。
(というか、私自身が最初は大変なことになりました・・・。(;´Д`)ハァハァ)

ちなみに、この埃こそぎ落しがマズイ場合は、いくら高価であっても、 紙パック式の掃除機 にしといた方が無難かもですよ。

関連商品

サイクロン型掃除機

ダイソンの掃除機

掃除機



左の写真は、サイクロン型の掃除機ゴミの収納部から取り出した大き目のゴミ&埃たちです。
こうやって見るとすごいですよねぇ〜
(我が家の床は、どんだけゴミだらけなんだと小一時間・・・。orz)

私は、このゴミチェックが好きなもんで、マスクをしながら、埃を立てないように毎回ゴミを取り出しています。
(・・・というか、今更、「買い替え」もできないですし・・・。(ノ∀`) アハハ八八ノヽ)

ちなみに、以前使っていた掃除機は10年ほど前に買った紙パック式の掃除機なんですが、こんなにゴミや埃は取れなかったです。

特に、犬の毛はこんなにしっかり取り去れなかったです。
まあ、古いというのもありますし、小まめにゴミを取り去れなかったので、紙パックがパンパンになる頃には吸引力が落ちてしまっているっていうのもあったと思いますし・・・。

いずれにしても、 サイクロン型の掃除機 を買う場合は、このゴミ捨てを視野に入れて購入した方が良さそうです。(特に、アレルギー持ちの方は要注意かも!)


次ページ

【ニッカド電池】 ハンディクリーナの電源 【AC電源】

前ページ

【サイクロン】 掃除機ブームの歴史 【紙パック】


スポンサーリンク