当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

スポンサーリンク

【強力なのに】 ランニングコストが低い消臭グッズ

通常、消臭グッズは「買い替えのコスト」がかかるものです。
例えば、ジェル状の消臭剤は「1〜3ヶ月」に一度、詰め替えなければなりません。
ですので、これが数年、数十年すると、かなりのコストとなります。

また、電気で動く消臭グッズは電気代がかかりますので、消臭できる電化製品は買ってからのランニングコストも考えなければなりません。

さらに、フィルターを用いるものは、フィルターのコストも考えなければならないです。
フィルターによってはかなりの高額商品もありますので、消臭できる電化製品を買う場合は、フィルターの有無や値段まで考えて、購入を決めたほうが無難であると思います。

ところで、消臭グッズの中には、「ランニングコストが限りなく0に近い」ものが存在します。
例えば、 スメルキラーは、ステンレスが水と空気に触れることによって起こる触媒作用を利用し、悪臭を取り除いていますので、ランニングコスト面でとても優れています。


スポンサーリンク