当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

スポンサーリンク

【血液】 ノミと血吸いダニ 【ウマー】

犬にたかる寄生虫には、ノミやダニがいます。
ノミはダニに比べて足が長く、動きも極めて敏捷です。ですので、犬にたかっているのを摘まんで取り去ろうとしても、なかなかうまく行かないのが実情です。

しかもノミは非常にジャンプ力のある寄生虫です。
ですので、摘み損ねて逃げられると、ピョーーーンとジャンプして、地面のどこかへ逃げ込んでしまう可能性があります。
その為、摘みにくさから言うと、ノミの方が秀でているのではないかと思います。

ちなみに、ノミには色々と種類があって、犬にたかるのは犬ノミ、人にたかるのは人ノミです。彼らはよほどお腹が空かない限り、自分のたかるはずだった生き物以外の血を吸う事はないそうですが、一度吸われてしまうとこれがまた痒いんです。

私も犬ノミに吸われた事がありますが、痒くて痒くてたまりませんでした。
しかも、吸われた後がいつまでも赤く残るんです。幸いにしてフロントラインで殲滅できましたが、フロントラインが無かったらと思うと・・・((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

ところで、ダニの場合はノミとは違い、動きが緩慢です。
ノロノロと歩きますし、ジャンプもしません。
ですが、血はこれでもかというくらいガブガブ吸います。
以前、うちの子に丸いデキモノが出来ていたので、何だと思ってよくよく見てみたら、ダニが血を思いっきり吸ってくれていました。il|li _| ̄|○il|li

関連商品

犬用のノミとりグッズ


ダニの場合、寄生虫がお腹に住んでいる場合があるので、血吸い中に手で摘むとお腹の寄生虫が逆流して、血吸いをしている生物が病気になってしまうことがあるので、注意が必要です。(これは、犬に限らず人間でも同じです)

いずれの寄生虫もフロントラインで撃滅できますが、うちの子の場合は頻繁に草むらに入り込むので、定期的にフロントラインをするようにしています。
(フロントラインについては、獣医さんにご確認下さい)


スポンサーリンク