当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

スポンサーリンク

【黒】 アレルギーと皮膚の色 【ピンク】

うちの犬に出来物ができた時に獣医さんから言われたのですが、どうやらうちの犬は食品アレルギーのようです。と言うのも、うちの犬の脇や下腹や手足などは皮膚の色が黒いのですが、これはアレルギーの症状だかららしいです。



という訳で、その獣医さんから抗ヒスタミン剤を処方してもらい、それをうちの犬に飲ませ、さらにその獣医さんの言う通りにドッグフードを アレルギー対策用のドッグフード に変えました。


アレルギー対策用のドッグフードとは?

ドッグフードには、普通の成犬用、 シニア用パピー用 など、色々な種類がありますが、当然、アレルギー用のドッグフードもあります。
今回、うちの犬にはこのアレルギー用のものを与えることにしました。

獣医さんからは、 ポテト&フィッシュのドッグフード が良いと言われたのですが、手頃そうなものが無かったため、ライス&フィッシュのドッグフードメディコート アレルゲンカット )にすることにしました。これは、とうもろこしや大豆やお肉類など、アレルゲンになりがちな物が含まれていないドッグフードです。



前のドッグフードと新しいドッグフードの違い

以前使っていたドッグフードは、ダイエット用でした。
主な材料は以下の通り。


主な材料

トウモロコシ
大豆
チキン(鶏肉)
大豆油脂
カルニチン配合



このドッグフードにする前は、シニア用(8歳以上)のドッグフードを使っていたのですが、体重がすごく増えてしまったので、このドッグフードはやめて、 ダイエット用のドッグフード に変えたのでした。


新しいドッグフード

1.アレルギー対策用(米・魚が主成分)
2.シニア用
3.低カロリー
4.日本製
5.小袋に分かれて入っている




今回変えたドッグフード( メディコート アレルゲンカット シニア用 )はアレルギー対策用な上に、シニア用でした。しかも、ダイエット用ってわけじゃないのですが、成犬用の普通のタイプのドッグフードよりも低カロリーでした。



あと、小袋に分かれていますので、保存・管理が楽でした。
これは非常に助かってます。
あと、何気に日本製でした。(^^



という訳で、しばらくそのドッグフードを与え続けた所、以下のような変化がありました。


新しいドッグフードを与え始めて起こった変化

1.ウンコの量が減った
2.ウンコとおしっこの臭いが減った
  (シャンピニオン配合)
3.少し体臭が減った
4.皮膚の黒ずみが少し改善した


黒ずみ改善


4の皮膚の黒ずみが少し改善したというのは、気のせいかなとも思う事がありますが、母などに訊いても、黒ずみが改善したとの答えが帰って来ましたので、やはり少しは改善しているように思います。


その後のお腹の写真

ちなみに、その後さらに数カ月後には、お腹がきれいなピンク色になりました。
(下の写真は、肝臓の検査の時の写真です)
脇の黒ずみも軽減しました。


アレルギーと言うのは、フケが出たり、炎症が起こったり、プツプツ(吹き出物)が出来たり、蕁麻疹が出たりで、皮膚の色が黒くなると言うのもアレルギーの症状の一つだと言うのは驚きました。また、非常に痒がると言うわけでもなく(時々手足をカシカシしたり、足で首をポリポリ掻くことはありましたが)、皮膚が黒くなるのもアレルギーだと言うのは意外でした。

このドッグフードに変更したからと言って、すぐに黒ずみが解消されて、アレルギー症状が改善するものではないとは思いますが、とりあえず、このドッグフードでしばらく様子見をしてみようと思います。



アレルギー用のドッグフードはどうやって手に入れる?

アレルギー用のドッグフードは、かかりつけの犬猫病院ペットショップなどで手に入ります。
また、種類は少ないですが、スーパー量販店などでも手に入ります。
この他、通販でも手に入れることができます。



通販では、手に入るアレルギー用のドッグフードの種類が多いです。
なので、うちでは 通販(Amazon) でこのアレルギー用のドッグフードを手に入れました。

ただし、送料がかかる物が多いですので、送料には注意が必要です。
また、通販は配送に時間がかかりますので(数日から数週間後)、すぐにアレルギー用のドッグフードを使用したい場合は、通販よりも実店舗での購入が無難かと思います。


スポンサーリンク