当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

スポンサーリンク

2007年 10月20日 肥満細胞腫・再発疑惑


左の写真は、1年以上前にうちの子の肥満細胞腫の手術をしたそばに出来たデキモノです。
一見すると乳首のように見えなくもないんですが、乳首の位置からは大きく外れており、乳首でないのだけはハッキリしていたわけです。

そこで・・・
「ここ・・・こ・・・これは癌が再発したのではないのかっ!?(゚Д゚;lll)」
・・・と思い、すぐさま病院へGO。


そこで、早速、獣医さんに診てもらったわけです。
すると・・・
「う〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん、またややこしいトコに出来取るなあ〜(´д`;)」
「でもまあ、肥満細胞腫と違うとは思いますけどね。(´A`)」
・・・と一言。

それでも、不安で不安で仕方がない私は、
「一応検査してください!(´Д`)」
・・・と懇願し、検査してもらうことにしました。

しかしながら、何せ小さなデキモノです。
検査するのも一苦労。
「これ・・・前のヤツより小さいですよねぇ、よう見つけはりましたなぁ。(´д`;)」
・・・と獣医さん。

一度では検査が上手く逝かず、2度も検査するハメに・・・。(ノ>_<)ノ ヒイ!
そんなこんなで出た検査結果は・・・

「単なる老人性のイボ」
・・・でした。orz

老人性のイボで良かったです、はい・・・。(^ω^;)
まあ、病院内で・・・「もう死んでしまうんだとばかり思って・・・」
・・・などと言いながら、号泣しまくったのは、何を隠そう、
この「私」なんですけどね・・・。_| ̄|○、;'.・ ゲホッ

しかも、「あんまり気にし過ぎないようにね」などと、病院の受付の人に気を遣ってもらったのは、何を隠そう、この「私」なんですけどね・・・。_/>,,,,,,,○コロコロ

ちなみに・・・
この老人性のイボ、瞬間的にパパパッと凍らせて、麻酔なしでポロッと取る事が出来るんだそうな。(所要時間20分程度)
さらに、癌化する事はないんだそうな。
(めでたし、めでたし)


次ページ

【手術】 ラブの足の巨大イボ(腫瘍)除去大作戦 【凍結】

前ページ

7月31日 かなり傷が塞がる


スポンサーリンク