スポンサーリンク

【ガルルルル】 「食事中に唸る」のをやめさせる


うちの子は幼い頃、犬が食べてはいけないものを取り上げようとすると唸ったり、食器に手を触れようとすると唸ったりしていました。うちの子は、私が食べ物を取り上げて意地悪するのではないかと、恐れているようでした。

しかもうちの子は、唸った後噛みつくんです。
そりゃぁもう甘噛みとは違い本気噛みでしたので、手に穴が開いて血が出たり、手に穴が開かなくても血豆が出来ていました。

私がこの悪癖を矯正するのは、結構時間がかかりました。
恐らく、半年以上はかかったと思います。
この悪癖を矯正するために私が行った方法は、「うちの子が口にする全ての食べ物を、私の手から与える」ということでした。

「な〜んだ、それだけ!?」と侮る無かれ。
この方法、ちょっとめんどくさかったです。

ドッグフードは毎回お皿を持った状態で与える、犬の骨型ガムは最後まで手で持って食べさせる、オヤツは必ず手で持って与える・・・と言うことを、毎日欠かさず繰り返ししたのです。
(最初の頃は、ドッグフードを一粒ずつ手で与えていました)
でもまぁ、手に穴を開けられるよりかはずっと良かったので、毎日欠かさず繰り返しました。

するとどうでしょう、数ヶ月後にはうちの子が咥えている食べ物を口から奪い取っても、噛まなくなったではないですか!

いつから噛まなくなったのかは分かりません。
気が付いたら噛まなくなっていたのです。
どうやらうちの子は、食事中に私の手が食器に触れても、ご飯を奪い取られないのだということを理解してくれたようです。

しかしながら、これにもちょっとした落とし穴が・・・
骨型の犬のガムを一人で食べれなくなったのです。
「アタシ食べにくいから、ちょっと姉さんもっといてヨ〜」てな具合です。

そうして手で持ってあげるまで、ガムを咥えたまましつこくつきまといます。
み応えのある系のオヤツにしても然り。
まぁ、噛みつかれなくなったからよしとすべきなのか、悩むところです・・・。



次ページ

【裏技】 リード付きで問題行動を矯正する

前ページ

【痛い!】甘噛み矯正法


スポンサーリンク